なぜ館山南房総では音楽イベントが多いの?

近年、館山市やその周辺で、大規模な音楽イベントが増えてきていることを御存知ですか?
その多くがスペシャルゲストや地元で活躍するアーティストを迎えた内容豊かな野外イベントですが、コンセプトや主催者らの考えるビジョンはこれまでのイベントとはひと味もふた味も違っているんですね。
単なる音楽フェスティバルの枠をくつがえすイベントが、南房総に集まる理由とその企画内容に迫ってみました!

(2012/08掲載:H)

野外音楽フェスティバルってどんなもの?

ひとえに野外音楽イベント(通称:野外フェス)といっても、ホールやライブハウスなどで通常見られるような音楽鑑賞の場とは異なりますので、一体どのようなものなのか想像がつかない方もいるはず。まずはこの野外フェスの全体像を掴んでみましょう。

1969年ウッドストックの様子

野外で催される音楽コンサートは、1950年代からジャズやフォークソングなどの比較的静かな音楽鑑賞の場として始まっていました。そのような中1969年「愛と平和と音楽」の祭典としてアメリカで開催されたウッドストックというロックイベントが起こると野外イベントのイメージは大きく変わります。
大音量の音楽を全身で浴びながら、燦々と照りつける太陽の下、開放的な空間を楽しむ。そんな人たちが増えてきたんですね。好きなアーティストを見るという目的ももちろんありますが、イベント全体の雰囲気やその空気感を体験しに行くという新しいスタイルが登場したといえるでしょう。

観光の館山(『館山市誌』挿絵 昭和31年)フィールドミュージアムより

2005年フジロックフェスティバルの様子

その後世界各地でロックを中心とした野外フェスが催され、日本でも1997年にフジロックフェスティバルが始まるなど、この楽しみ方は徐々に定着。近年は野外フェスブームと言われるほどに各地で野外フェスが開催されています。
ジャンルや雰囲気は様々ですが、音楽ステージがあり、飲食や物販の出店が立ち並ぶ点はほとんど共通しているといえるでしょう。人はイベントごとのスタイルを楽しみに、野外フェスへ足を運ぶのです。

音楽イベントが急激に増えたのはなぜ?

さて、野外フェスがどんなものなのかを概観したところで、いよいよ南房総でこれから行われる野外フェスティバルの全貌を紐解いていきたいと思います。これまでにもチラホラと野外フェスが行われていたようですが、近年南房総で始まったイベントは特に、その数や規模、そしてコンセプトが違う!
次世代のアイディアが求められる時代に入ったからでしょうか?
今回は、こうしたイベントの中で市内の方が開くものと市外の人々が持ち込み開催されるものと1つずつ詳しく話をお聞きして謎の答えを導き出してみたいと思います。その他のイベントもご紹介しておりますので、ご覧ください。

一つめは館山市内代表野外フェス、「あわのネ」です。あわのネは市内、特に若い世代の方々が集まって作り上げてきたイベントで、今年で3回目の開催となります。

あわのネ主催者 米原草太さん

あわのネ主催者 米原草太さん

まずこの「あわのネ」はイベントを道具として、地元にいる若者を盛り上げたい・愛する故郷の良さを多くの人に知ってもらいたいという思いから始まっていることに独自性があります。
都内で3000人規模のイベントを開催するなど、服飾関係の仕事などを転々としながらイベントを制作するノウハウを学んできた主催者の米原草太さんは、20代前半に故郷の過疎化が進んでいることを知り愕然とします。
これまで館山を卒業した仲間の多くは、先輩もそうしてきたように進学や就職のためにあたり前のように上京してきたそうですが、こうしてあたり前だと思っていたことが、地元の新しい担い手となる若い世代を流出させてしまう現状を生み出してきました。
もちろん仕事がない、活躍できる場所がないという一筋縄にはいかない問題も立ちはだかり、簡単にはUターンすることもままなりませんが、そのことをもっと都内で活躍する館山出身の人々が知るべきだと思ったそうです。
また、自身もそうであったように一度故郷を離れると、ここ館山の自然の美しさ・空気の良さ・星空の輝く夜がいかに素晴らしいものであったか、改めて実感します。自分の生まれ育った街が、こんなにも恵まれた土地であったことを帰郷するごとに身に染みて感じるようになり、自分たちの世代の未だ館山を訪れたことのない人々にも、もっともっとアピールしていきたい、そう心から感じるようになりました。
こうして回数を重ね、ミーティングを重ねてきた第3回あわのネのアイディアは以下のとおりです。

①沖ノ島での開催 ~都内に近い立地を生かして、自然を充分に感じてもらう~

歩いていける無人島 沖ノ島

歩いていける無人島 沖ノ島

館山は、ありのままの自然がたくさん残っているにも関わらず、都内から車で2時間以内の距離にある立地条件に優れた土地です。都内では土を見る機会も少なくなってきているなか、館山のゴツゴツとしたむき出しの自然は、訪れた者に癒しと安らぎを与えてくれます。
こうした特徴を生かして、第2回目から沖ノ島にてイベントを開催することにしました。沖ノ島は館山でも有数の自然に富んだフィールドで、サンゴが浅瀬で見られ、縄文時代の遺跡が近年発見されたりしています。当日はこうした沖ノ島の中で自然を満喫してもらうために、たくさんの自然体験や物作りのコーナーが設けられています。

②500円クーポンチケット ~館山の登録店で使える地域通貨が入場料の中に含まれる~

地域通貨500円クーポン

地域通貨500円クーポン

館山には自然の他にも、たくさんの素敵なお店があります。イベントに遊びに来た際には、こうしたお店に寄って行って欲しい、そんな思いから入場料金(前売り1500円/当日2000円)の中に500円のクーポンチケットが含まれています。当日配られる観光マップの中に登録店が記載されており、そのお店にて500円の割引券としてクーポンチケットが使用できます。

③100を超えるアーティストの出演!40を超える出店!トークショーまで!

数多くの出演と出店

数多くの出演と出店

なんといっても音楽フェスですので、音楽はイベントの要!
あわのネは全国的に活躍される大型ゲストから注目のアーティストまで2日間で総勢100グループを超えるアーティストが登場します。また40店舗を超える自然にこだわった雑貨やアート、飲食店の出店で沖ノ島全体が賑わい、4人のスペシャルゲストをお呼びして、安房の歴史や館山の自然、そして安房の今後についてトークショーもあるとのこと。とにかくイベント内容が選り取りみどりとなっています。

歩いていける無人島フェス『あわのネ』

あわのネは、音楽ライブを中心として地球に優しい手作りアートや農産物を展示販売する市場や拾った貝殻を使ったアクセサリー体験やステンドグラスの工作体験、沖ノ島の自然を生かしたシーカヤックやシュノーケリング体験などなど、とことん自然やアートを体験として楽しむイベントです!

日時 2012年8月25日(土)11:00〜18:00
8月26日(日)10:00〜17:00※小雨決行、荒天や台風の場合は中止あり
場所 千葉県館山市 沖ノ島
砂浜で繋がってしまった周囲1kmくらいの無人島での開催です。
主催 あわのネ実行委員会
問合せ先 Mail: info.awanone@gmail.com
HP http://www.awanone.com/
入場料金 前売り1,500円 当日2,000円(HPから購入可能です)
※高校生以下、又は館山市民は身分証の提示にて無料
※2日間通しでの参加料金になります。1日券はございません。
また、入場料金の内500円分をチケットにしてお客様にキャッシュバックいたします。
この500円金券はイベントが行われる地域の賛同店で使用可能です。
この機会におすすめのお店を探してみてください。
開催内容 ○音楽LIVE  2日間で50組を超えるアーティストが参加
○手作り雑貨やエコ商品の販売ブースが20店舗以上出店
○シーカヤックや海を使ったレジャー体験有り
○万華鏡やハンモックを自分で作れるテシゴト体験もあり



こちらは南房総では今年で開催一回目となるこれまたとてつもない内容に溢れた音楽イベント。もとは都内近郊にてライブハウスやクラブハウスの店長などをされていた方々が集まって自分達が楽しめるような良質なイベントを作って行こうと始めたのがきっかけでした。

Sound Selectionの皆さん

しかし、昨年の東日本大震災にてメンバーの地元である茨城県が多大な被害に見舞われたことを目の当たりにし、これまで培ってきた音楽の力を結集させて茨城を少しでも元気にできないか、として始まったのがこの「Sound Selection」。イベントで集めた収益金の一部を茨城県常総市に寄付するなど実質的な協力も惜しみません。

2011年sound selection出演Darren Emerson

2011年sound selection出演Darren Emerson

彼らのイベントは、この音楽が氾濫する世の中にあって知名度や集客力でアーティストをピックアップするのではなく、彼ら自身の耳で本物を見極めてプロアマを問わず世界中からアーティストを集めることで知られています。
そして、最高のタイミングで最高のロケーションで聴く音楽だからこそ、「Sound Selection」なのです。野外フェスが、音楽と同時にその雰囲気や空気感、イベント全体を楽しむものであるならば、まさにそこに信頼を置いた人々が集うイベントの中のイベントといえるでしょう。

それでは、どうしてそんな彼らオーガナイザーが来たるイベント会場として南房総白浜フラワーパークを選んだのでしょうか。主催者の鈴木秀章さんにその理由をお聞きしました。

多彩な会場の装飾

多彩な会場の装飾

「僕らが初めてこの場所を訪れたのは、去年の冬に行われたある音楽イベントを見に来たのが始まりでした。Sound Selectionの開催地を探していたところで候補地もいくつかあったのですが、ここに来て即決でしたね。
僕らのイベントは時間帯やロケーションの見え方に従って音楽を決めていきますので、表情豊かなこの地に一目惚れしてしまったんです。海がすぐそこにあって山がせりたち、花も咲き乱れて、こんな所を探していたように思います。
当日はこの山に大きなプロジェクターで映像を浮かび上がらせたり、この地のポテンシャルを最大限に生かしたデコレーションを計画しているので楽しみにしていて下さい。」

 南房総の海が山と隣り合わせにあり、海岸線一帯を砂浜に恵まれた土地だということをよく耳にすることがあります。ただ、こうした特徴的なロケーションについてはイベント制作者にはこれまであまり知られてこなかったようです。
大人数の人々が一挙に集まるこうしたイベントは、時として非常に大きな観光プロモーションにもなります。Sound Selectionの皆さんは、自分達の培ってきた発信力を地域のために活かしてもらえば、ということで南房総市と共に今後この地の良さをアピールしていけたらとのお話しを伺いました。

sound selection12 at 白浜フラワーパーク

海辺に広がる約3万3000平方メートルの白浜フラワーパークは、冬から春にかけてポピー、菜の花、金魚草、ストック、夏にはサルビア、マリーゴールドなど四季折々の花を楽しめる施設です。温室ではバナナなどの熱帯植物も栽培されており、園内にある「花観の足湯」は無料でご利用できます。そんな白浜フラワーパークで震災復興を目的とし、都内のイベントオーガナイザーが音楽の力を結集させたミュージックイベントが開催されます。たくさんのアーティストが出演しますので是非遊びに来てください。

日時 2012年9月1日(土)2日(日)開場12:00開演13:00オールナイト公演です。
場所 白浜フラワーパーク
住所 千葉県南房総市白浜町根本1454-37
料金 前売り7800円 当日9000円 5枚セット35000円※2日間共通券になります
企画・運営 SOUND SELECTION実行委員会
主催 silent music 合同会社SPEC
問合せ先 silent music E-mail:music@techno.vc
HP http://soundselection.jp/

出演アーティスト
http://soundselection.jp/lineup

 

謎の答

地域内、地域外の主催といった点で対照的な2つのイベントについてみてきたわけですが、これらのイベントが館山南房総で誕生してきていることからどういった結論が見出せるでしょうか。特にこれといった調査はこれまでにありませんが、取材した上での所感をまとめてみたいと思います。

・あわのネ、Sound Selection共に、地域にある資源を改めて若者の視座から注目していること。

 館山南房総にある自然環境や海山の幸、そして自然についてはこれまで多くの人々に着目され情報が共有されてきました。しかし、地域内の若者が流出していることや、都市近郊での自然が消失していることを考えると、この着眼点が世代を越えて受け継がれているのかという疑問が浮かび上がることも。
そうした中、ここ数年で急激にイベント企画者に注目され始めていることは、徐々に次世代の新しい感覚・価値観の中で南房総が浸透しつつあることを示しているのではないでしょうか。
ひとえに自然環境といえども街の姿やそこで生きる人々、または都心からの距離によって大きくイメージが変化するものです。これまでの視点とは少し異なった角度から新たにこの土地の自然や立地の独特な特徴が認められ、都心に過ごす人々やこの土地を離れて帰ってきた人々が改めてみた館山南房総という姿が新しくアピールされ始めているのではないか、そのように感じました。このことが未だ知られざる観光資源の発見や、都心へ渡ってしまった若い世代が地域のことを考えるきっかけに繋がるといいですね。
いずれにせよ、音楽の発信力や求心力を生かして、その他のことと結び付けるようなイベントがここ館山南房総に生まれ育まれつつあることがおわかり頂けたのではないかと思います。

夏まっさかり!館山・南房総の野外フェス!

今年の夏に行われるその他のフェスをご紹介します。

GREENROOM CAMP2012

GREENROOM CAMP2012



GREENROOM CAMP@根本マリンキャンプ場

横浜赤レンガ倉庫での『GREENROOM FESTIVAL』他数々の海にまつわるイベントを主催しているGreenroomによるキャンプイベント『GREENROOM CAMP』というイベントが南房総市白浜にある根本海岸で今年第二回目を迎えます。このイベントはサーファーであるGreenroom代表の釜萢(かまやち)氏が、以前から根本海岸を知っておりいつかこの地で何かやりたいという思いがキャンプイベントとして実現したというもの。
「GREENROOM CAMPはビーチカルチャーをルーツに持つビーチキャンプフェスティバル。
BEACH CAMP・BEACH LIVE・BEACH SPORTSを通して、海やビーチのLifestyleとCultureを伝え、子供達に大切なビーチを残していきたい。」(HP抜粋)
というコンセプトをもつこのイベント。全国で急速に減少しているビーチを守るなど環境活動にも積極的に参加しているGreenroomが南房総に目をつけてくれたことも昨今の注目度合いを伺わせます。サーフィンをはじめスタンドアップパドルやビーチヨガ、シーカヤック等、海辺でのありとあらゆる遊びと音楽がコラボレーションしたGREENROOM CAMP、海好きには大注目のイベントです。

日時 2012年9月8日(土)・9月9日(日)
場所 千葉県南房総市根本マリンキャンプ場
主催 GREENROOM CAMP実行委員会
問合せ先 http://beachcamp.jp/contact/
HP http://beachcamp.jp/
入場料金 1泊2日キャンプ券 5,000円 (※小学生以下入場無料) 駐車券 2,000円

 

コヅカアートフェスティバル

コヅカ・アートフェスティバル

8月10日現在第三回「コヅカ・アートフェスティバル」が開催されています。「人と自然をアートでつなぐ」をキーワードに、房総半島・鴨川市金束(こづか)のアートガーデン・コヅカを中心に、南房総全域に点在するショップやアーティストのオープンアトリエをも含んだ、里山にゆるやかにひろがるネットワーク型のアートイベント。約7000坪の里山・アートガーデン・コヅカでは、9日間に渡り、屋内・屋外展示、ライブ、ワークショップが開催されています。

日時 2012年8月4日(土)~8月12日(日) 11:00~17:00(ライブ開催日はスケジュール要確認)
場所 アートガーデン・コヅカと南房総に広がるアートなショップやアトリエ
主催 コヅカ・アートフェスティバル実行委員会
問合せ先  hoshimitei(@)gmail.com
HP http://ag-kozuka.net/index_artfes.htm
入場料金  8月12日Closing party 17:00~のみCharge:2000円(他入場無料)

 

Tateyama SEA-SIDE FESTIVAL 2012

TATEYAMA SEA-SIDE MUSIC FES.2012

こちらは今年で2回目を迎えるイベント。昨年は館山夕日桟橋の入口で開催されたTATEYAMA SEA-SIDE MUSIC FEStivalですが、今年はその横に完成した渚の駅たてやまのデッキにて開かれることが決定しました。
もとは、夕日百選にも選ばれている館山湾からみた夕日を、より多くの方に知ってもらいたいという願いから始まったそうですが、今年はそれに加えて新しくできた渚の駅たてやまの立地や観光資源を広めてみんなで楽しむ事も目的となっているようです。地元館山南房総を代表するアーティストが多数出演する予定であり、館山湾海岸沿いの観光と共に安房美人コンテストや地元の音楽・ダンスグループの紹介も兼ねているこのイベント、こちらもお勧めです。

日時 2012年9月2日(日)10:00~17:00
場所 渚の駅たてやま
主催 館山シーサイドフェスタ2012実行委員会
HP http://www.tateyama-seaside.com/
入場料金 無料

コメントは受け付けていません。