なぜ伊豆大島は近くて遠いの?

 

館山から西南西に40キロ。
沖合に浮かぶ大きな島、それが伊豆大島です。
洲崎から布良にかけての海岸線からくっきりと見えるこの島ですが、
どういう訳か館山とはあまり交流が盛んではないようです。
なぜでしょうか?
毎年花の季節にだけ運航される館山からのジェット船。
今回はこの近くて遠い島、伊豆大島のことをおもいきり紹介しちゃいましょう!

(2012/02掲載:K)

「三原山」と「椿」、伊豆大島を知っていますか?

まず、伊豆大島について少々お勉強を。ただ「大島」と呼ばれることも多いこの島ですが、日本各地に点在するたくさんの「大島」と区別するため、正式名称は「伊豆大島」となっています。現在も活動中の活火山、三原山を島の中央にいだき、くさやの干物やツバキ、アシタバなどの特産品が有名です。縄文時代から人が住んでいたという痕跡が残っており、古くは『日本書紀』にも登場。歴史ある島であることは間違いありません。
鎌倉時代以降は流刑地としての歴史が続きます。いわゆる島流しですね。戦に敗れた源為朝や赤穂浪士の遺族たちなど、歴史上の偉人やその家族たちも数多くこの地に流されています。この流刑地としての歴史は、江戸時代後期まで続きました。

近代になってからは、文化面でもたびたび脚光を浴びることになります。たとえば波浮港(はぶみなと)は野口雨情作詞・中山晋平作曲の『波浮の港』で一躍有名になったほか、川端康成の名作『伊豆の踊子』に登場する旅芸人一座のモデルが、当時この港にあった「港屋旅館」に滞在していたことでも知られています。この旧港屋旅館は資料館として残されており、旅芸人一座の滞在当時の様子を再現した人形や、そのほかの関連資料が展示されています。

コラム「2分でわかる『伊豆の踊子』」

また、かの名曲『アンコ椿は恋の花』の舞台もこの伊豆大島です。ちなみに「あんこ」とは目上の女性に対する敬称のこと。お姉さんを意味する「姉っこ」がなまったものだとされています。椿は島の特産品で、春の椿祭りが有名なだけでなく、椿油の産地としても知られています。
ところで、伊豆大島はどの都道府県に属するかご存知でしょうか? 伊豆七島というくらいですから伊豆=静岡とお思いの方も多いでしょうが、正解は東京都です。江戸時代には伊豆国に属しており、明治の廃藩置県の際には韮山県の管轄に。その後の府県統合で明治4年に足柄県、同9年には静岡県の管轄になります。それが明治11年には東京府に移管されました。その理由としては、お金のかかる離島の統治は静岡県には荷が重く、財政的に余裕があった東京都が引き受けることになったという話もあります。現在では八丈島や御蔵島を含む伊豆諸島のほか、小笠原諸島までもが東京都になっています。

そんなこともあり、伊豆大島を走る自動車は品川ナンバー。島ののどかな風景のなかに都会を象徴するかのような品川ナンバーがずらっと並びます。ちょっとおかしな感じがしますね。

コラム「椿とくさや 島を支える名産品たち」

おこりんぼうの神様、島の歴史は噴火の歴史


伊豆大島の歴史を語る際に避けては通れないのが火山です。三原山は現在も活動を続ける活火山であり、歴史的に見ても大きな噴火を何度も経験しています。噴火の際に吹き上がる火柱は「御神火様」として信仰の対象となっているほど。そもそも島の中央にある三原山自体が1777年の安永噴火で誕生した山で、全島避難となった昭和61年(1986)の大噴火は記憶に新しい人も多いでしょう。この時には館山からも赤い溶岩がよく見え、風向きによっては火山灰が飛んでくることもあったそうです。

これまでほぼ35年以内おきに大きな噴火が起こっていますが、今のところ火山活動は落ち着いており、三原山噴火口は絶景のトレッキングコースとして親しまれています。また、島には世界でも珍しい火山博物館があり、島の火山活動の歴史や噴火のメカニズムなどをわかりやすく紹介しています。
車を走らせていると、山も海岸線も安房地域の景観とは全く異なることに気づきます。この景観を見るだけでも、島を訪れる価値はありそうです。

コラム「火山活動は毎日チェック!」

館山と伊豆大島、交流の歴史を探ってみる

さてこの伊豆大島、安房地域との関わりはどれほどあるのでしょう? 後で詳しく紹介しますが、館山と伊豆大島の定期航路の運航が始まったのは平成18年2月。それまでは公共交通機関では直接行き来できなかったことになります。ただし、漁師など海を自由に行き来できる人たちの往来は少なからずあったはずです。そこで、館山と伊豆大島、思いつくままに比較してみました。

方言は?
伊豆大島の方言は北部伊豆諸島の方言とされるもので、どちらかというと伊豆方言に近いものだそう。安房方言とは似ても似つきません。

料理は?
伊豆大島には同じ伊豆諸島の八丈島発祥とされる「島寿司」に似た「べっこう寿司」というものがあります。これはメダイなどの白身魚のヅケを握ったもので、辛みは青とうがらし。江戸前の流れをくむ館山の房州鮨とはまるで違うものです。干物についても大島の「くさや」は何年も使い続けている「くさや液」に漬け込みますが、これは安房地域には見られない製法です。どうやら食文化の交流はあまりなかったようです。

祭りは?
館山では地区ごとの神社が神輿や山車をもち、夏は祭り一色になりますが、伊豆大島ではこのような習慣は見られません。毎年春の椿まつりでは「江戸みこし」という催しがありますが、これらの神輿は東京から運んできたもの。担ぎ手も島以外の人が多く、どちらかというと観光神輿といってもいいでしょう。また、安房地域で見られる「かっこ舞」のような雨乞いの祭りも見られません。

いかがです? 残念ながら類似性はあまり見つけることができませんでした。これだけ類似点がないということは、少なくとも双方の文化が成立する過程においては密な交流はなかったのでしょう。また、婚姻などについても、安房から大島へ、あるいは大島から安房に嫁いだという話はほとんど例がないようです。
理由のひとつは、間に横たわる海峡が海の難所だったということも考えられます。とはいえ、江戸時代後半になると伊豆大島から江戸に向けて魚を運ぶ押送船が走っていたので、漁師さんたちにとっては安房と大島の往来はお手のものだったはずです。漁師さんレベルでの交流はあったものの、文化の伝播にまでは至らなかったということでしょうか。今も昔も海で隔てられているというのは、我々が思う以上に往来が大変だということでしょう。

コラム「安房と大島 曲亭馬琴の2つの名作」

季節限定の直行便! 船が文化のかけ橋に?

さて、この近くて遠い伊豆大島ですが、毎年春の時期だけ館山からジェット船でアクセスできるようになります。正確にいうと、東京と伊豆大島を結ぶ船が館山に立ち寄り、さらには伊豆半島の下田へ向かいます。館山から伊豆大島まではわずか55分。日帰りも十分に可能な距離ですね。
館山~伊豆大島~下田を結ぶこのラインは別名「海のフラワーライン」。いずれの町も「ひと足早い春」が自慢の温暖な気候で、館山のポピーや菜の花、伊豆大島の椿、下田周辺の河津桜と、趣の異なる春の花めぐりを楽しめるというわけです。

東海汽船の航路図

 都心からなら館山と伊豆大島を組み合わせた1泊2日プランも十分可能ですし、2泊3日で下田も組み入れることも可能です。館山からでも、ちょっと忙しくなりますが、1泊2日で伊豆大島と下田を巡るスケジュールだって組めそうです。春に限っていえば「近い島」と言ってもよさそうですね。
この季節にはジェット船の運航会社である東海汽船をはじめ、旅行会社各社が海のフラワーワインを使ったツアーを企画しています。高速船の運航は4月1日までですので、興味のある方はお早目に旅行プランを練っちゃいましょう。ひょっとしたら、伊豆大島と館山の文化の意外な共通点なんかも見つけることができるかもしれませんね。

コラム「ジェット船はこうやって走ります!」

東海汽船のホームページへ

伊豆大島のみどころはこちら!

最後になりましたが伊豆大島のみどころを紹介しておきます。どうです、館山に劣らず魅力的な島だと思いませんか?

三原山

島の中央に位置する標高758mの活火山。平成10年(1998)5月に噴火口を一周する「おはち巡りコース」が開通し、ここから見る深さ200mの噴火口は圧巻です。三原山頂口から噴火口までは、徒歩45分~60分ほど。お鉢めぐりは45分ほどかかります。


都立大島公園

東京ドーム1.5倍の園内に8700本ものツバキが咲き誇る国内最大規模の椿の公園。海側の海岸遊歩道からは房総半島も一望。65種の動物を飼育する動物園では伊豆諸島に生息するキョンなどを見ることができます。椿のさまざまな用途を斬新な展示で紹介する椿資料館も併設。


波浮港(はぶみなと)

かつては遠洋漁業の中継地として栄え、旅館前の町並みは情緒たっぷり。
見晴台からは港の風景を一望でき、『伊豆の踊子』の主人公たちのモデルとなった旅芸人一座が
実際に滞在していた港屋旅館は、資料館として公開されています。


郷土資料館

大島の自然や文化を300点ほどの貴重な資料で紹介。海との関わり、火山活動、土器・石器、民家と民具など幅広く、付近には当時の暮らしを再現した古民家もあります。


ふるさと体験館

椿油搾り体験、草木染め体験、あした葉摘み取り体験など、大島の自然や文化の体験施設。一番人気は椿油の搾油。種をつぶす、蒸す、絞るの各工程を順に体験できます。田舎ならではのゆとりある休日を楽しめます。


火山博物館

世界でも数少ない火山専門の博物館。三原山はもちろん、
日本や世界の他の火山についてさまざまな展示で解説。大島の自然風土を映像で紹介するコーナーもあります。


椿花ガーデン・リス村

広大な敷地に椿の花が咲き乱れる椿園。リスやウサギの餌やり体験では、
体にまとわりつく愛らしいリスたちと戯れることができます。芝生広場からは伊豆方面の眺望が抜群。


筆島

海上から30mほど突き出した筆のような形の岩山。200万年ほど前の火山活動で、溶岩が冷えて固まったものだとされています。周辺はサーフスポットとしても人気。


地層切断面

高さ30m、幅600mもあるむき出しの地層面。度重なる噴火による堆積物が造り上げた自然の造形美で、地元では「バウムクーヘン」とも呼ばれています。そのダイナミックな景観は世界中の火山研究家たちにも広く知られています。



コメントは受け付けていません。